上手い騎手ランキング 2019年~2020年ver

スポンサーリンク

どうもごんぬです!

今回の記事では競馬の騎手(ジョッキー)についての話をしていこうと思います!

競馬は馬7:騎手3といわれるようにかなり騎手の腕前によって結果が左右されるスポーツです。つまり騎手の腕前を知らないことには、競馬で賭けてもいい結果が得られにくいということになります!

そこで!勝手に騎手の腕前をランク分けしてみました!
初心者の方にもわかりやすくしてますのでよかったらご覧ください!

※2020年5月7日最新版更新しました!下記リンクから!

スポンサーリンク

騎手の上手さについて


まずは騎手の巧さについてなのですが、こちらのブログでは3着内率に注目してランク分けを行いました!JRA(日本中央競馬会)では通常は勝利数を中心に、勝率獲得賞金額なども発表してますが、上手さの指標としてこの中であえて3着内率に注目したことにはいくつかの理由があります。

いい馬が集まる騎手か


まずそもそもの話として、強い馬の騎乗依頼が回ってくる騎手かどうか?が大きなポイントになってると考えます。
『餅は餅屋』ではありませんが、やはり専門家が信頼を置く騎手というのは基本的に信用したほうがいいということです。


ただし色々と政治的な兼ね合いも存在しますので、そこも念頭に置いておく必要があります。例として競馬会最大のオーナーグループである社台グループ武豊騎手の確執やデムーロ騎手のエージェント問題などです。いい馬を回してもらいにくい騎手は必然的に勝利することが難しくなってきます。

3着内に持ってこれる技術があるかどうか


では能力的に勝ち切れない馬が回ってくる騎手はどうしたらいいのでしょうか?ここで必要になってくるのが『3着内に持ってこれる技術』です。


某有名騎手は『1着はともかく3着であれば、たいていどういう馬にでもチャンスはある』とインタビューで答えていました。


記憶に新しい2019年の有馬記念でワールドプレミアを3着に持ってきた武豊騎手は「決め打ちしかチャンスがないと思っていた。ためるだけためて行った。」と話しています。これは3着を狙ったということではないのですが、そういった判断をし、勝負をできる騎手こそが上手いと思ってます。


これを踏まえたうえで、3着内率という数字に注目してみました!
3連系の馬券に絡んでくれるのも嬉しいですしね(笑)

スポンサーリンク

ランキング表

こちらが2019年勝利数上位20名の騎手のランキング表になります!

ピンク  ・・・SSランク
オレンジ・・・Sランク
青  ・・・Aランク
白  ・・・それ以下  でランク分けされてます!

スポンサーリンク

SSランク


最強の神ランクともいえるSSランク
こちらには3名のジョッキーがランクインしてます!!


・C.ルメール騎手
・川田騎手
・D.レーン騎手

の3名です!

ルメール騎手

3着内率は川田騎手と並んで56.2%とトップ!!
2回に1回は3着以内に入ってくるという恐ろしい数字です!


2019年は勝利数1位G1も5勝と相変わらず勝ちまくってます。
困ったらルメール!

川田将雅騎手


ルメール騎手と並んで3着内率は56.2%
名実ともに日本人ナンバーワンジョッキーといえる数値だと思います!


ただしG1は1番人気に7回騎乗含む、19回騎乗して
(1-5-4-10)と勝負弱い印象があります・・・。


また笑った顔の川田騎手が見たいですね!(いつもこの顔)

レーン騎手


2019年大ブレイクしたダミアン・レーン騎手
オーストラリアを拠点とする25歳の若手ジョッキー。

今年4月に短期免許で初来日を果たすと、リスグラシューで宝塚記念、ノームコアでヴィクトリアマイル、オメガパフュームで帝王賞を制すなど大活躍を見せました。

さらには本拠地のオーストラリアでも日本馬メールドグラースに騎乗しコーフィールドカップ(豪G1)を制覇。立て続けにリスグラシューでコックスプレート(豪G1)を制覇。


この活躍によりJRAから特例免許が発行され、有馬記念でもリスグラシューに騎乗するために来日。史上最高クラスの豪華メンバーが揃った有馬記念を5馬身差で圧勝しました!


その腕前はやはり3着内率にも表れており、53.6%と非常に高い数値です!!
2020年も来日があると思いますので、来たときは超積極的に買いましょう!!

スポンサーリンク

Sランクの騎手

神のSSランクに次いで、Sランクには4名がランクインしてます!

・武豊騎手
・福永騎手
・戸崎騎手
・M.デムーロ騎手
 の4名です!

武豊騎手は上記の社台グループとの確執がありながら3着内率は40.7%。50歳という年齢の壁をこえても年間111勝と衰えを知りません。

福永騎手3着内率42.2%。G1も3勝と勝負強いところを発揮しました!

戸崎騎手も関東トップを誇示する3着内率41.2%!年末の怪我が悔やまれますが、一刻も早い戦線復帰を願ってます。

デムーロ騎手は今年は本当に苦戦してました。2018年はルメール騎手と双璧をなしてSSランクに相当する55.8%だったのですが2019年は41.5%まで低迷。エージェントの問題でよい騎乗馬が回ってこなくなったなどの話があります。ただ年末の東京大賞典で見せたオメガパフュームの騎乗のように技術は一流であるので来年は復活してきてほしいですね!

上記4名がSランクです!基本的にはまったく文句のつけようのない海千山千の一流のジョッキーですので信頼度は非常に高いですね!!

スポンサーリンク

Aランクの騎手


Aランクには5名の騎手が該当しています!
ここまでがトップ10くらいですので上手い騎手として覚えておいて問題ないと思います!

・三浦騎手
・田辺騎手
・北村友騎手
・岩田騎手
・浜中騎手 
 の5名です!

三浦騎手はまだG1を勝ってないのが不思議なレベル。良い馬とのめぐり逢いがあればさらに突き抜けてもいい存在だと思ってます!

田辺騎手も有名馬の騎乗機会こそ少ないですが、コンスタントに上位に食い込んできている印象です。Aランクの中でも上位の35.1%の3着内率にも納得です

対照的に北村友一騎手はかなりいい馬が回ってきている印象が強いです。もちろん勝ち切れるのは素晴らしいと思うのですが、やらかすことも多い印象があります。

岩田騎手も2014年以降はガクッと成績を落としている印象ですね。そろそろAランクからも陥落しそうです。息子さんに負けないように頑張ってほしいですね!

浜中騎手は念願のダービー制覇。ただしG1の騎乗機会は6回だけと少なかったので来年はより一層の奮起に期待ですね!

スポンサーリンク

Bランクの騎手からピックアップ


Bランクには10名の騎手が該当しており、松山、丸山、和田、池添、幸、藤岡佑、藤岡康、西村、石橋、横山典騎手の10名です。個人的にはAランクとはさほど差がない腕前はあると思っていますが、信頼を置くにはちょっと足りないかな、というクラスです。

松山騎手は勝利数では7位の91勝とかなり上位。
甘いマスクも魅力です。

池添騎手はマイルチャンピオンシップでインディチャンプに急遽乗り替わり騎乗での優勝と、あいかわらず勝負強いところを見せてくれました。

注目したいところでは西村淳也騎手!

まだデビューして2年目ですが、今年は54勝し3着内率は26.5%。いきなりフリーに転向して驚きましたが、流石に腕前も上がっているようです。来年は通算100勝して減量恩恵がなくなるでしょうから真価が問われそうです。

スポンサーリンク

Cランクの騎手からピックアップ


このクラスあたりになるとだいぶ騎乗技術に疑問符が付くこともありますが、それでも合格点クラスといったところでしょうか。馬券的には人気しにくいことが多いので、オッズがおいしくなることもまあまあある印象です。

該当するのは11名です。


注目すべきはデビュー1年目ルーキーの斎藤新騎手でしょうね!!
また2019年デビュー組は非常に優秀で岩田望、菅原明、団野騎手もかなりCランクに近い数値を出してますので来年以降も応援していきたいと思います!

スポンサーリンク

Dランク騎手からピックアップ


このランクになるといわゆる『上手くないジョッキー』です。
語弊を恐れずにいうと『下手くそなジョッキー』です。

ジョッキーはプロとして騎乗技術で稼いでいるため、あえて期待を込めて辛辣に書かせていただきますが、つまりはそういうことですね。

可愛さはだれもが認める菜々子騎手

藤田菜々子騎手はこちらに該当します。3着内率は17.6%。今年は43勝、重賞初制覇、通算100勝に新潟リーディング獲得など話題は十分でしたが上手さの指標として取り上げている3着内率においてはデビュー1年目の上記4名劣ります

他では松若騎手や武藤雅騎手もDランク該当騎手になってます。
もっと上位ランクに来てほしい騎手ではありますので2020年頑張ってほしいですね!!

スポンサーリンク

年収の話

さて話はとびますが、ジョッキーの年収に関してのお話です。
いったい騎手の皆様はどれくらい稼いでいるものなんでしょうか?

JRA所属の騎手の場合、基本的はレースの賞金の5%が収入となります。他にもこまごました出走手当や調教手当などが存在します。今回はざっと出すため賞金の5%だけで見てみます。

トップはルメール騎手!なんと年収約1.8億円!!
月収に換算すると月収1478万円となっております。
とんでもない数字ですね

他にも川田騎手や福永騎手月収1000万円オーバーです!すごい!

一見地味な(失礼)和田騎手や田辺騎手だって月収600万円
一般的なサラリーマンの上位クラスの年収が1か月で稼げちゃいます。

デビューしたての10代若造(失礼)の斎藤新や岩田望も月収200万
医者や弁護士だってメじゃありません。むちゃ金持ってます。


地味系(清楚系)女子の菜々子騎手だって月収250万
そんじょそこらの金持ちが口説いても無理でしょうね(笑)


また今年デビューで年間1勝しかできなかった小林凌騎手・・・
生きていけるのかな?と思いながらも彼だって月収21万
もちろん調教手当とかがつくのでもっと多いでしょう。
社会人1年目だから十分だよ!小林君!来年頑張ろう!!


以上ジョッキーのお給料に関するお話でした!

スポンサーリンク

お暇な方向け・・・


思わずクスっと笑っちゃうような名前の馬、集めてみました。

もしお暇がありましたらどうぞ!
随時更新していく予定です!

ランキング
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

  12. […] […]

  13. […] […]

タイトルとURLをコピーしました