JRA全レース無料予想!1/13(月)分!!

スポンサーリンク

どうもごんぬです!
3日連続開催もいよいよ最終日!

中山ではフェアリーS(G3)が行われますね!
今年の3歳牝馬クラシック戦線の戦いはかなり熾烈ですが、新たに名乗りを上げるのはだれになるのでしょうか?!

それでは早速ですが予想に入っていきましょう!!

なおダート未勝利戦は別企画の『ダート未勝利の男!』でやっておりますのでよかったらそちらも併せてご覧ください~!

スポンサーリンク

中山5R 3歳未勝利12:15発走 / 芝2000m (右)

逆らわない 自信度60%
◎②レッドルレーヴ
〇④グラスデスティーノ
▲⑧マイネルラクスマン
△⑦トーセンワンダー
△⑥コトブキテティス

本命はレッドルレーヴにします。前走でフィリオアレグロの2着に負けはしたものの、3着には6馬身をつけ、その後ろ4着デジマノハナ、6着サトノフラッグは未勝利を勝ち上がっています。重馬場での競馬だったため素直に受け止めるのはどうかと思いましたが冬の中山ではパワーも必要なのでプラスにとらえます。引き続きルメール騎手なのも心強いです。対抗にはグラスデスティーノ。前走は出遅れてしまってスローペースの上り3F競馬になってしまったので度外視。前々走では3着に5馬身つけているようにスタミナ勝負になれば分がありそうです。

スポンサーリンク

中山7R 4歳以上1勝クラス13:15発走 / ダ1200m (右)

上位拮抗 自信度60%
◎⑮ハルワタート
〇⑦トーアシオン
▲②セイドアモール
△⑫ステイホット

本命はハルワタートにします。ロードカナロア産駒はダートの重馬場は非常に苦手で、この馬も3走前、4走前は不良馬場で大敗してます。前走重馬場で勝ったのは成長によりそれくらい能力が抜けていたからだと推測します。もし明日良馬場でやれるのであればさらにプラスになるはずで、いきなり1勝クラスでやれてもよさそうです。対抗トーアシオンも前走はサトノテラスが驚異的なタイムで勝ってますので着差は度外視。1勝クラス上位がいないここなら十分戦えそうです。

スポンサーリンク

中山8R 4歳以上2勝クラス13:50発走 / ダ1800m (右)

上位拮抗 自信度60%
◎⑥ロジシルキー
〇⑦レトロフィット
▲⑩ベルキューズ

本命はロジシルキーにします。前走ではレトロフィットに0.5差つけられてますが、4コーナーでそとからぶつけられる不利と、大型馬の休み明けということで一度叩いた今回のほうが良く逆転ありそうです。2頭にせまれるとしたらベルキューズ。今回はルメール騎手に乗り替わっているのが好材料。この3頭でいいのかなと思います。

スポンサーリンク

中山9R 成田特別 14:25発走 / ダ2400m (右)

ダート長距離ハンデ戦 自信度50%
◎⑩サクラアリュール
〇⑪キタサンヴィクター
▲⑨テトラルキア
△⑬リキサンダイオー
△⑯ヴィジョンオブラヴ
△⑮リヴィエラ

かなり特殊なダート2400m。本命はサクラアリュール。2000m以上のダート長距離戦においては(0-1-3-0)と3着内100%の安定感。ハンデはトップハンデだがそれでも56kgと気にするほどではなさそう。

スポンサーリンク

中山10R 初春S  15:00発走 / ダ1200m (右)

前はきついか 自信度50%
◎⑦クインズラミントン
〇⑤オリオンパッチ
▲⑨サザンヴィグラス
△⑥アスタースウィング
△⑭スナークライデン
△⑪アルーアキャロル
△⑧ヘルディン

ハンデの短距離戦ということもあって先行争いは激化しそう。それならば差し足確実なクインズラミントンを本命にします。前々走はペースが遅くとらえきれませんでしたが近走は安定して最速級の末脚を披露。充実しており今回もそのまま通用しそうです。先行勢で警戒するとしたらヘルディンの軽量逃げかと。

スポンサーリンク

中山11R フェアリーS (G3) 15:35発走 / 芝1600m (右 外)

1頭格上 自信度75%

◎⑪アヌラーダプラ
〇⑩シャインガーネット
▲③ソーユーフォリア
△⑦ペコリーノロマーノ
△④ダイワクンナナ
△⑤ポレンティア

本命はかなり固くアヌラーダプラ。もし三浦騎手が怪我をしてなければこの馬がG1を取らせてくれる馬なのかもしれないくらいにレベルは高いです。ここ2走牡馬と走ってもまったく本気を出しておらず、どれくらい走るのかまだ底が見えていません。新馬戦で中山を経験していることもプラスでほぼほぼ消す要素がない状態です。対抗シャインガーネットは新馬戦のレベルが高く2~4着まですべて未勝利突破。赤松賞でも強烈な末脚を披露しており対抗としては筆頭。紐として面白い候補としてはソーユーフォリア。エピファネイア産駒でやや気性的なムラはありますが3番手としては非常に面白い存在です。

スポンサーリンク

中山12R 4歳以上1勝クラス16:10発走 / 芝2200m (右 外)

上位は混戦模様 自信度50%
◎⑬プルクラ
〇④ラヴィアンレーヴ
▲②ウェストブルック
△⑦エレベル
△⑥スマイル

本命はジャスタウェイの成長力に期待してプルクラ。2戦続けて中山2200で3着と惜しい競馬を続けています。三度目の正直を決めてほしいところ。対抗はマーフィー騎手に乗り替わったラヴィアンレーヴ。前走の不良馬場は度外視するとしても決め手に欠ける競馬が続いてましたがマーフィー騎手に変わってどうなるか見ものです。単穴ウェストブルックも杉原騎手→ルメール騎手と大幅なプラスの乗り替わりでどうか。

スポンサーリンク

京都5R 3歳未勝利12:30発走 / 芝1800m (右 外)

上位下位差がある 自信60%
◎②ファルコニア
〇③ヴァイスリヒト
▲⑯ラヴィンフォール
△⑮サマービート
注⑫エブリワンブラック

本命はディープインパクト産駒のファルコニア。今まで2戦2着が続いてますがいずれも3着には4馬身をつけており実力は確か。今回も川田騎手で複勝圏内はほぼ確実だと思います。以下3頭にほぼ差はないと思っており、ヴァイスリヒトは前走出遅れから負けすぎ、それ以前は相手が上のクラスでも通用するメンバーであり、未勝利を勝つ力はあるはず。エブリワンブラックはパドック要注意で初戦はうまっけを出して大出遅れするなどかなり気性面に問題あります。ただ力はあると思うのでほんとに要注意。

スポンサーリンク

京都6R 3歳1勝クラス13:00発走 / ダ1400m (右)

3歳1勝クラスダートは難しい・・・自信度50%
◎⑦アルコレーヌ
〇⑬ロフティーピーク
▲⑩グランマリアージュ
△⑪メイショウマサヒメ

上位の2頭は甲乙つけがたいが本命はロフティーピークに。新馬戦は5馬身圧勝し、前走はメンバーの揃った1勝クラスで2着。勝ったテイエムサウスダンは兵庫ジュニアグランプリを制しています。対抗ロフティーピークは新馬戦でレイテントロアーに0.4差で勝利しており、このレイテントロアーは次走で未勝利を突破すると1勝クラスでも3着と健闘しております。単純な横の比較で行けばこの2頭は1勝クラスでは通用するレベルだと思います。単穴で面白そうなのは兄弟にダート実績馬がおり父がマジェスティックウォリアーのグランマリアージュ。

スポンサーリンク

京都7R 4歳以上1勝クラス13:30発走 / ダ1200m (右)

紐荒れ期待 自信度70%
◎②ファイアーボーラー
〇⑤スナークスター
▲⑩ヘリオス
△③クリノビッグサージ
△④ヴィルデローゼ
△⑪アストロノーティカ

本命は1頭抜けてファイアーボーラー。タイムも内容もこのメンバーの中では1歩抜けている印象、マイナスする要素も特になさそう。対抗はスナークスター。騎手で侮られているのかもしれないが実力的には2着2回続けており軽視不可。3番手にヘリオス。前走ではファイアーボーラーに0.1差でアストロノーティカには先着している。3歳秋にダート短距離で本格化するオルフェーヴル産駒理論に該当するので要注意。

スポンサーリンク

京都8R 4歳以上1勝クラス14:00発走 / ダ1800m (右)

出戻りと休養明け 自信度50%
◎⑤アイアムレジェンド
〇⑧スティングレイ
▲②マースゴールド
△⑨マイティバローズ

本命は門別からの出戻りアイアムレジェンドです。地方の中でも最も中央に近いレベルと思われる門別でダートを経験してきて戻ってきました。勝ちタイムも優秀でまだまだ伸びしろはありそうですのでここはチャンス。スティングレイもこのクラスなら当然勝ち負けクラスの力はありそうですが500キロを超える馬体で9か月振りの出走というのはあまり良い印象ではありません。パドックでの気配や馬体重の増減も要注目です。

スポンサーリンク

京都9R 乙訓特別  14:35発走 / 芝1200m (右)

内回りコースは先行 自信度60%
◎ラブミーファイン
〇⑭カレンモエ
▲⑤キャスパリーグ
△⑧ピエナミント
△⑦ヴォイスオブジョイ

本命は伸びしろあるラブミーファイン。前走は休み明け+18キロながら0.3差の8着。ジャスタウェイ産駒なのでこの時期は成長期でありここがねらい目。対抗も成長を期待してのカレンモエ。▲は末脚鋭いキャスパリーグ。昇級後4戦で2着3回、3着1回と非常に惜しい競馬が続いてます。京都内回りはプラスではないのでこの位置。同型劣化でピエナミント。

ラブミーファインは出走取り消しになったようです。。。

スポンサーリンク

京都10R 寿S15:10発走 / 芝2000m (右)

先行潰れて後方一気 自信度70%
◎④アールスター
〇⑩ドリームソルジャー
▲⑫アシュリン
△⑦レイズアベール
△③エレクトロニカ

タガノアスワドとミスディレクションがペースを作って早くなりそう。縦長になって差し対決を想定。先に仕掛けるであろうエレクトロニカまで巻き込まれれば波乱あり。本命はアールスター。前走は完全に内に閉じ込められてしまった。進路があれば勝てたレースでした。それ以下はとにかく決めてでチョイス。最後になだれ込んで興奮したいです!

スポンサーリンク

京都11R すばるS15:45発走 / ダ1400m (右)

前総崩れ狙い! 自信度70%
◎⑫スマートアヴァロン
〇⑨ブルベアイリーデ
▲⑤バイラ
△⑩テーオーヘリオス
△⑦アードラー

先手を主張したい馬ががそこそこいる上に京都1400でスタート後の直線が長いのでハイペース必至。この際前は全部消して後方勢に期待します。本命はスマートアヴァロン。8歳馬ながらまだまだ元気で前走、前々走でも2着と好走。坂がある分阪神のほうが良績を残していますが京都も1400であれば同じすばるSを2年前に制しており、1200よりは断然得意なはずです。対抗はブルベアイリーデ。前走、前々走が雨での競馬でしたのでまだ能力を測りかねてますが昨年4月の端午Sでは現オープンのヴァニラアイスに0.2とこのコースでも戦えております。伸びしろではここかと。

スポンサーリンク

京都12R 4歳以上1勝クラス16:20発走 / 芝2200m (右 外)

人気上位が怪しい 自信度50%
◎⑦コパノケネディー
〇⑧アルテラローザ
▲⑤ディープインラヴ
△⑩ハギノアップロード

消去法でおしだされるように本命はコパノケネディー。アルテラローザは7か月、ディープインラヴに至っては20か月ぶりという長期休み明け。人気の一角ハギノアップロードも近走はいまいちで武豊に変わってどれくらいかといっても微妙。それならば前走休み明け+16キロで546キロという大型馬の叩き良化2戦目を期待してのコパノケネディーです。逃げる相手候補はディープインラヴですが故障明けで無理はできないはず。それならば単騎も十分あり得ます。他があまりにも信用できないので亀田騎手の単勝・複勝3連続開催の最終108レースを締めようと思います。

スポンサーリンク

まとめ

京都10R,京都11R,京都12Rテンション上がりそうなレースが続きます!!
全部取って左うちわで3連休を締めたいです!!
そしてスノボ行きたいです!!!



スポンサーリンク

上手いジョッキーランキング

関東では戸崎騎手・三浦騎手が怪我により戦線離脱!
騎手の腕が大きく影響するようになってます!!
下記に昨年2019年の成績をもとにしたジョッキーランク分けをまとめましたのでよかったらご参照ください!

無料予想
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました