POG速報!現在の2019有力2歳馬ランキング vol.9

どうもごんぬです!

このシリーズももう9話目!

2019年のJRAの全レースが終了した時点での2歳の個人的ランキングを発表しようと思います!

ホープフルSではコントレイルが完勝し、改めて世代のNo1であることを証明してきましたね!ワーケアも3着に敗れはしましたが十分見せ場は作ったと思います。

ではまずランキングに行く前に、いつものPOGに関する説明から入ります。
既読の方は下まで飛ばしてください。

お品書き

改めてPOGの説明をします!

POGとは

ペーパーオーナーゲームの略です!『ポグ』とか『ピーオージー』という名で親しまれています。その名前のとおり、紙面上で(現代ではネット上で)馬主となって楽しむゲームのことです。もうネットオーナーゲームにすればいいのに。

POGのルール

JRAやNet競馬、スポーツ新聞社が主催のものや個人や知人同士で開催されているものなど様々ですが、だいたい共通しているルールは『デビュー前の新馬を数頭指名して、東京優駿(ダービー)終了までの総獲得賞金をポイント化して競う』というものです。

JRA主催のPOGでは参加費無料にもかかわらず、賞金総額は300万円にもおよびます!

詳しくはこちらのURLから。

jra-van.jp

私もちょくちょく参加しており、昨年は皐月賞を勝ったサートゥルナーリア阪神JFを勝ったダノンファンタジーを指名しておりました。

どうやったらいい馬を指名できるの?

たいていのPOGではデビューした馬は指名できません。

「じゃあ強い馬かどうか判断できないじゃん!」とおっしゃられるのはもっともです。ただ初心者のかたでも簡単にわかるいくつかのポイントがあるので伝授します。

①新馬戦前の追い切りタイムが良い

JRA-VANPOGでは指名締め切りのタイミングは初めて走るレースの前日までですので、調教タイムや前日の想定オッズから期待値を判断することができます。

坂路やウッドで上り1F11秒台をだしていたりする馬がいるとかなりアツいです!

②デビュー戦のジョッキーが一流

期待されている馬には当然のように一流ジョッキーが配されます。ルメール、川田、デムーロなどが乗るというだけで期待値はアップします。

③兄弟が重賞勝ちしている

競馬は血で走るスポーツとよく言われます。血統がものすごく重要な要素で、強い馬の弟や妹はまた強いということはよくあります。レイデオロとレイエンダの兄弟やディープとブラックタイドの兄弟など挙げればきりがありません。

他にも調教師や馬主さんなどなどさまざまな情報はありますが、この3点だけでも抑えておけばある程度の結果は残せると思います。

今年のごんぬのPOG馬

そういう私の今年のPOGの指名馬は下記のとおりです。

1 レッドヴェイパー 牝2
2 レッドベルジュール 牡2 G2勝利
3 リアアメリア 牝2 G3勝利
4 マイラプソディ 牡2 G3勝利
5 アルジャンナ 牡2  G3で2着
6 シルヴェリオ 牡2
7 モーベット 牝2
8 アブソルティスモ 牡2
9 カトゥルスフェリス 牝2
10 ディアスティマ 牡2

今のところ10頭デビューして10頭すべて勝ちあがり!

半数の5頭はすでにオープンクラスですので、残りの5頭の次の勝利が待ち遠しいです!

2歳馬番付

気になる2歳馬の番付です。(個人の見解)

2歳牡馬部門(クラシック)

皐月賞と同じ舞台のホープフルSを完勝したコントレイル! 

 【Aランク】

9.5 コントレイル(+0.0)
9.0 マイラプソディ
9.0 サリオス (+0.0)
8.5 ワーケア
8.5 アルジャンナ

【Bランク】

8.0 レッドベルジュール
8.0 アブソルティスモ
8.0 ヴェルトライゼンデ(+0.5)
7.5 ラインベック
7.0 ロールオブサンダー
7.0 オーソリティ(New!)

上位は変動なしですね!スコア通りのホープフルSの決着だったと思います。2着ヴェルトライゼンテと3着ワーケアの差は力の差というより戦略の差がでた形でしたので、次やるとしてもワーケアに分があるかなという印象です。
皐月賞で上位5頭が相まみえるのは今から非常に楽しみですね!

気になる各馬の次走情報ですが、

コントレイル →皐月賞直行
マイラプソディ→共同通信杯(2/16)
サリオス   →未定
ワーケア   →毎日杯?
アルジャンナ →きさらぎ賞(2/9)

となっており、このメンバーが直接戦うのは皐月賞からになりそうです。
弥生賞やスプリングSといったトライアルレースが手薄になりそうなのでそこからの勝ち上がり馬にも注目ですね!ただ、やっぱり現状上位5強が抜けて強いと思います!


2歳牝馬部門

f:id:keibagon:20191211064022p:plain

【Aランク】

9.0 レシステンシア
8.5 クラヴァシュドール
8.5 リアアメリ
8.5 ウーマンズハート

【Bランク】

8.0 マルターズディオサ
8.0 サンクテュエール
8.0 ミヤマザクラ
8.0 ホウオウピースフル
7.5 スカイグルーヴ
7.5 クリスティ(New!)
7.0 ミアマンテ

牝馬路線はほぼ変動なしですね!しいて言うならクリスティをランキングに追記しました!最終開催週の12/28の1勝クラスを勝ったのですが、このレースは牡馬混合の1800mとかなりタフなレースでした!キズナの初年度産駒だけにこれからどういった成長をしていくのか見ものですね!

 

現在の次走情報では

レシステンシア  →チューリップ賞
クラヴァシュドール→未定
リアアメリア   →桜花賞
ウーマンズハート →未定

とまだあまり明言されてませんが、再度桜花賞で激突しそうです。

牝馬路線は桜花賞の1600とオークスの2400では全然適性が違ってきますし、レシステンシアはおそらく桜花賞→NHKマイルという短距離路線に行くと思われますのでかなり混沌としております!これから出てくる馬たちにも十分チャンスはありそうです!

年が明けるとシンザン記念(1/12)、フェアリーS(1/13)、京成杯(1/19)と重賞が連続開催されます!いまから非常に楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました