12/22(日)のJRAレース回顧と次走の馬券購入で狙う馬たち

スポンサーリンク

どうもごんぬです!

有馬記念リスグラシューお見事でした!

本当に強かった!

そしてアーモンドアイは無敵万能馬ではないと認識を改めました。オルフェーヴル有馬記念くらいのパフォーマンスを期待してましたが結果は惨敗。4コーナー出るところまではスムーズに見えたのですが、事前の杞憂通り2500という距離と中山の坂でしょう、まったく最後伸びませんでした。圧倒的なパフォーマンスはオークス、JC、天皇賞、そして負けたとはいえ安田記念とどれも東京競馬場でのものです。右回りでも少し評価は下げたほうがいいかもしれませんね。

「アーモンドアイ」の画像検索結果

どこか悲しげなアーモンドアイ様・・・

また個人的にも12/21(土)と12/22(日)は本当に4着タテメなどが多い一日で馬券的にはひどい目にあってしまいました。

しっかり反省するためにもレース回顧ばっちりやっていきたいと思います!

中山1R 2歳未勝利
09:35発走 / ダ1200m (右)

3着 ホトダニー

4コーナーを回るところまではかなり後方にいたが直線鋭く伸びて3着に食い込んだ。上り3ハロンは勝ったタイニーベイビーに次ぐ2番目の37.6。メショウボーラー産駒の初ダートだったが変わり身を示した。展開が向いた感じあるが、次回もダート1400で見てみたいです。

中山2R 2歳未勝利
10:05発走 / ダ1800m (右)

2着 ブリジャール

終始子供っぽいところを見せていたブリジャール。4コーナーでルメール騎手が仕掛けても反応遅く、最後ようやくスイッチが入ってとらえようとしたところで前を走るケンシンコウが大きく外によれたため差し切れませんでした。3着には8馬身つけており、まだ力を出し切った感じではないのでレースに慣れてきたら上のクラスでも勝てると思います。

中山3R 2歳未勝利
10:35発走 / 芝1600m (右 外)

4着 シャチ

内をロス無く回して直線を迎えたが加速ついたところで前をいってたオルテールが後退してきて進路がなくなり、さらにもう一度かわそうと勝ったシベール、3着マイネルチューダの間を通そうとしたところも狭くなりそのまま4着でした。もしコーナー曲がった後ヴァルトグリーンの外に出せていたら外差しで1着を争えていたかもしれません。

中山5R 2歳新馬
11:35発走 / 芝1600m (右 外)

4着 チャロアイト

最初のコーナーから一番を外を走らされた。かなり距離ロスしたことも影響し、ペース自体は決して早くなかったが直線半ばにして足が止まってしまっています。スムーズに内を走れてたらもう少し結果は違ったと思います。また距離自体も1400のほうが合いそうです。

中山9R ノエル賞
14:00発走 / 芝1800m (右)

12着 ターフェルムジーク

最後の直線走路で5着に入ったエアジーンに並びかけようとした残り200m地点のところで前を走行してたビッグピクチャーが斜行しバランスを大きく崩しています。態勢立て直すのにも時間を要したためそのまま12着に沈んでいます。この斜行に対しては過怠金10万という重めの罰則が与えられていますのでかなり影響はおおきかったとおもわれます。脚色自体も5着エアジーンよりもよく映ったのでトラブルなければ掲示板にはのっていたと思います。

阪神1R 2歳未勝利
09:50発走 / ダ1400m (右)

6着 イーベンホルツ

最後の直線でケイマジェスティとパスクロスアゲインの間を通そうとしたが狭くなり内に切り返し。今度は内からワンダーカムラングに進路を取られ再度進路を変更せざるを得なくなっていた。ケイマジェスティは3着、ワンダーカムラングは2着でスムーズにいけていればこの2頭に先着できた可能性が高いと思います。前走もスローの展開で後方から足を伸ばしていたので、次回ペースが速くなりそうなときに外枠ならチャンスかと思います。

阪神2R 2歳未勝利
10:20発走 / ダ1800m (右)

4着 クリノイコライザー

まずスタートでやや出遅れると1コーナー手前で前が挟まるような形になり馬が相当嫌がるそぶりを見せています。向こう正面でも最終コーナーでも折り合いは取れてませんでしたが直線大外に出すと目を見張るような手ごたえで猛追し4着に食い込んでます。馬群か砂がかかるのが嫌いかもしれません。父プリサイスエンドなのでダート1400を外枠からだったりするといいかもしれません。

阪神3R 2歳未勝利
10:50発走 / 芝1200m (右)

12着 ピンシャン

スタートでやや失敗したが挽回しようともせず⑭リレーションシップの外に回すことに。できればスタート決めてハナ、もしくは2.3番手の外を確保したかった。そのためコーナーでも大きく外に膨れ、5頭目くらいを回す羽目に。さらにうちの逃げた馬にとっては楽な競馬になりそのままワンツー。直線全く追ってないのでなにかトラブルがあったのかもしれないが、何もないとしたら北村友一らしい非常に舐めた騎乗でした。前日12Rの木幡育也の騎乗を見習ってほしい。

阪神8R 3歳以上2勝クラス
13:45発走 / ダ1800m (右)  

2着 ソルトイブキ

こちらは特に不利があったというわけではないですが強さの再認識という意味で記載させていただきます。今回のレースで3着ゲンパチルシファーといい勝負をしてるのですが、こちらは12番人気、ゲンパチルシファーは2番人気でした。実は4/14の500万下でもゲンパチルシファーと対戦してるのですがこの時は0.2差でゲンパチルシファーが勝ってました。がこの時はスローペースでゲンパチルシファーが前につけていたためであり、あがりはソルトイブキのほうが0.3早かったのです。今回勝ったタマモアポローンと3着ゲンパチルシファーの2頭軸をもっていながらこの馬を抑えられなかったのは予想家としては痛恨の極み。2勝クラスでは上位の力がありますので今後も注目していきたいと思います!

阪神10R クリスマスキャロル賞
15:01発走 / 芝1600m (右 外) /

5着 ステイオンザトップ

直線で最内につけ突っ込もうとするが2着スラッシュメタルにより2度の斜行。ブレーキを踏むことになり力を発揮できなかった。

阪神11R サンタクロースS
15:50発走 / 芝2000m (右) /

3着 アールスター

直線で完全に内に閉じ込められる形になってしまった。前から後退してきたユニコーンライオンを押しのけて前に少し出た所でゴール。ゴール版通過後も足はあったのでもったいなかった。スムーズなら勝てていた。

今回は以上11頭の紹介でした!

次走でぜひ結果を出してもらいたいですね!!

レース回顧
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました