4/11(土)~4/12(日)の振り返り~ダート未勝利の男!~

ごんぬ
ごんぬ

どうもごんぬです!

さて今週も無事競馬開催が終わり、平日が戻ってきました!
土曜は単勝1倍台の固い決着が多かったこともありますが本命が6勝!
(6-0-0-3)という結果でした。
日曜も4勝を取ることができ、単勝回収率は土日ともに120%越え

次週以降にもつなげていけるように平日中のレース回顧頑張ります。

4/11(土)中山4R 3歳未勝利 / ダ1800m (右)


注目はオルフェチョウサン。ゲートで隣の馬を気にしてか、スタートで大きく出遅れ。最後方ポツンのスタートとなってしまいました。しかし徐々に追い上げて最後は5着まで。3着までは0.4差でしたのでちゃんと出ていれば馬券内も可能だったかもしれません。12.9 – 11.5 – 12.6 – 13.1 – 13.1 – 12.8 – 12.7 – 13.0 – 13.6と前に行った馬にはきつめのラップが味方したこともあると思いますので、過度の期待は禁物ですが。

またこのレースで後方2番手にいたミヤビラブコールはひどいイレ込みでまったく競馬になってませんでした。こちらも気性面の成長があれば一変あるかもしれません。保護観察処分にします。

4/11(土)福島3R 3歳未勝利/ ダ1700m (右)


本命サトノワールドが勝ってくれたレースでしたが、このレースの注目馬はキョウエイリヴァル。今回はまったく何がしたかったのかよくわからないレースでした。初めての距離延長でいつもよりかなり前目の位置取りになってしまいましたが、上手く折り合うことができず、砂かかって嫌がりながら息も入らず末脚も切れずと散々。距離の問題もあるのかもしれませんが、それよりもチグハグな競馬内容のほうに問題があったように思えます。次走このままの距離でも見直しは必要だと思います。

4/11(土)福島7R 3歳未勝利/ ダ1150m (右) 


このレースからは4着タガノオボロ。先行勢で決着したレースではありますが、このレースは若手騎手戦で上位はすべて減量騎手。その中でタガノオボロは鮫島駿騎手で減量恩恵無し。ロードカナロア産駒らしく今回ダートの良馬場で結果がでましたので、次走も良馬場のほうがいいかなと思います。

4/12(日)中山3R 3歳未勝利/ ダ1800m (右)


やっぱりラストマンもかなり強かった。このレースからは2着オンザフェーブルも推奨したいと思います。勝ったラストマンの後ろにつけて3馬身半差をつけられていますが、3着以下には5馬身以上付けており、未勝利突破は可能なレベルだと判断します。オルフェーヴル産駒ということからも乾いたダートのほうが合いそうですので次良馬場だったら単勝で行ってみようと思います。

また人気薄だったカッティングロックですがやはり出遅れ。道中はずっと大外回らされたので今回も度外視。ハマればいきなり馬券内もありそうですので追いかけます。

4/12(日)中山4R 3歳未勝利/ ダ1200m (右) 


このレースからは逃げたナイトコマンダーに注目。かなりいいダッシュ力を見せ先頭に立ちましたが外からジョイウィン並びかけ、12.0 – 10.5 – 11.5 というかなり激しく早いラップになってしまい、直線では完全に足が止まってしまいました。前走ではジョイウィンに先着しているのですが、この時の前半ラップも11.8 – 10.5 – 11.6と早いタイム。2戦連続で2ラップ目が10.5というラップを経験したことになります。
次走楽に逃げれればいきなり勝利してくることもあり得ると思いますので要注目。

4/12(日)阪神1R 3歳未勝利/ ダ1800m (右) 


本命◎に推奨したダンツエリーゼ。5着となんとか掲示板を確保するのが精一杯でした。というのは直線で⑧ラスティングラヴに進路をカットされブレーキかける不利があったり、そのあとも再度足を伸ばし始めたときにラボンダンスが進路上にいたりと苦しい競馬を強いられたからでした。スタートで若干出遅れてしまって好位を確保出来なかったことから始まったチグハグな競馬でした。ルーキー泉谷騎手だけにリズムがくるってしまうと立て直しも困難だったのかなと思います。次回も再度注目。

コメント

タイトルとURLをコピーしました