ダート未勝利の教科書!

スポンサーリンク
ごんぬ
ごんぬ

どうもごんぬです!



今回は『ダート未勝利の教科書』という題目で記事を書かせていただきました!

この記事は以下のような方に向けて書きました。

・競馬をはじめてみたものの、なかなか勝てない
・安定して回収率100%を越えたい、勝ちたい!
・競馬中級者(1年~10年程度)だが芝がメイン


楽して競馬で稼ぎたい!という方や、すでに回収率100%越えを達成している人向けではありません。こちらの記事を読んだうえである程度の努力は必要な内容となっております。


もちろんプラス収支を出すことだけが競馬の楽しみではないのですが、長く付き合っていくためにも収支は意識したいですよね?

筆者のごんぬもなかなか競馬で勝てなかった大多数の1人でした。
2年ほど前まではG1レースや重賞レースだけをやって80%前後の回収率で年間を終える、そんな感じでした。

2019年末のブログ開設を機に『ダートの未勝利戦』という限定されたフィールドに特化して取り組んだ結果、自分の競馬に対する向き合い方が変わり大きく収支が改善しました。そのストーリーとともにダートレースの予想法について共有したいと思いまして、こちらの記事の筆を執った次第です。

よかったら最後までお付き合いいただけますと幸いです。


スポンサーリンク

前書き 『ごんぬ』という人物について


まずは簡単に自己紹介をさせていただきたく思います。

名前:ごんぬ
年齢:30代後半
職業:飲食関係のマーケティング&コンサルタント

~競馬歴~
小学校時代に『ダービースタリオン3』をはじめてから。
当時はナリタブライアンが3冠制覇したあとで、マヤノトップガンとの阪神大賞典が自分の中でのベストレースでした。G1シーズンになるとVHSに録画して、部活から帰宅して見てました。


大学で上京してきてからは東京競馬場や水道橋のWINSに通う。ディープインパクトの皐月賞で3連単7万馬券を的中させたのはいい思い出。


その後社会人になってしばらくは競馬をやっていない時期がありました。2009年~2018年くらいの間ですね。なのでオルフェーヴルやジェンティルドンナ、ゴールドシップなどの現役時代を知りません。

時間に余裕ができてきたので趣味として2019年夏ごろから競馬を再開。グリーンチャンネルやnetkeibaのプレミアムコースにも加入し、かなり熱が入るようになってきました。この頃からTwitterの競馬アカウントも作成して、いろんな予想家さんたちの予想も見るようになってきました。映像回顧をやりだしたのもこのころからで、尊敬する予想家さんたちの影響を受けたからです。


2019年後半ごろからブログを開設。はじめのうちは重賞の予想を中心に記載してましたが、まったく読んでくださる方もおらず挫折。結果も伴ってませんでしたしね。ここでごんぬは考えました。


今のネット社会では普通に予想してても目立てない
すでにラップや指数、レース回顧など多岐のジャンルにわたって予想法を確立している人たちがいる


ということでした。マーケティングの考え方でコトラーの競争地位という考え方があるのですが、私はニッチ戦略を取ろう、と考えつきました。

ニッチ戦略とは簡単にいうとあまり他の人がやってない分野に特化してファンを獲得していくという戦略です。

日本の競馬においては芝よりダートのほうが人気がなく、重賞より平場のほうが人気がありません。つまりダートの未勝利戦というフィールドはもっとも人気がないマーケットということなります。


ですがそれに反して、開催数でいうと最も多いのが実はダート未勝利戦。すごく切り取った狭い範囲ではありますが、実はここがブルーオーシャンだなと判断しました。なのでこのマーケットに特化して進めていこう、と決めブログ『ダート未勝利の男!』を2020年1月にスタートさせました。


この方策は当たりで、2020年4月頃からForPlusに加入して知識を強化しつつ、1週も欠かさず毎週のレース回顧を繰り返した結果、2020年2歳世代のダート未勝利の男の記事において推奨した138Rの単勝回収率は147.6%という非常に高い数値をたたき出しています(2021年5月16日終了時点)



またこの活動がネット上で目に留まり、競馬最強の法則WEBに寄稿させていただく機会を頂け、2021年1月末から『サイキョウの買い目』という有料予想サイトにも掲載頂くことになりました。
サイキョウの買い目 | 競馬最強の法則WEBsaikyo.k-ba.com

2020年1月にダート未勝利に特化しだしてからわずか1年で専門サイトにデビューできるようになったというのは本当に自分でも信じられません。ただ現在こちらのサイト内でも著名な方々に交じって、全予想で回収率100%以上をたたき出しているのは私ごんぬのみです(105.7%)。


たった1年でここまでこれたポイントを今回記事にまとめました。
はっきり言って難しいことはやってません。
ですが競馬において回収率100%を越えている人は5%にも満たないといわれています。TOP5%の世界をのぞいてみたくはありませんか?

画像1
スポンサーリンク

1章 ダート馬に求められる能力


まず初めに、ダートを走る馬にとって必要な能力が何なのかを考えてみたいと思います。私ごんぬは大きく分けて3つの能力から判断しています。

①先行力
②追走力
③脚力

の3つの能力です。

くわえて相対的な評価、補助的な要素として

④レース経験レベル
⑤ローテーション

という考え方を加味しています。

この章ではそれぞれの要素について解説していこうと思います。





※なおこの記事はアフィリエイトプログラム付きです!
紹介して成約に至りますと10%の報酬が支払われるように設定しております。
もしおススメできる内容だと思われましたら拡散していただけますと幸いです。


読み物有料記事
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

  12. […] […]

  13. […] […]

  14. […] […]

  15. […] […]

タイトルとURLをコピーしました