3/21(土)の振り返りと次走おススメの馬

スポンサーリンク
ごんぬ
ごんぬ

どうもごんぬです!


3連休開催の中日、3/21(土)の振り返り記事です。

この日はまあまあおススメ馬が惨敗してしんどかった・・・

メインの阪神大賞典ではキセキが大出遅れからのユーキャンスマイル快勝、スプリングSは超スローペースになって6番人気のガロリアクリークが決め手で勝利と波乱含み。

G1や重賞を楽しむのももちろん競馬の醍醐味ですが、最近の楽しみはもっぱら回収率の積み上げ。このままの調子で年間プラスを狙っていきたいところです。

下手くそな馬券もなんとかしたいですけどね(笑)

スポンサーリンク

中山5R ペイシャフラッシュ 4着


スタートでは隣の2番のビビッドラブがゲートをくぐったりと暴れていた影響もあってか出遅れてしまい、さらに4番のアンティシペイトが内に切れ込んできたため後方からの競馬を余儀なくされました。3コーナーからマクリ気味に位置を上げていきましたが結局外目を回った影響もあって直線では一杯になり、前半スローだった影響もあって前の馬とは大きく差をつけられてしまいました。それでも4着を維持したあたりの能力は評価したいと思います。スムーズであれば次走馬券圏内も可能だと思います。

スポンサーリンク

中山10R サトノセシル 2着


この館山特別はかなりのハイレベル戦
2着サトノセシル、3着ダディーズマインド、4着ヴァンランディくらいまではすぐに2勝クラスを突破してくると思っています。オッズが渋くて馬券にならなそうでしたので予想にはあげませんでしたが上記の馬にすべて印を打っていて1~4人気で1~4着独占。
このレース自体は道中でイチダイがマクリ気味に仕掛けたため残り5ハロンのロングスパート戦になって前にいたダディーズマインドとサトノセシルにとっては本来的には厳しい競馬だったはずです。それでも2.3着に残しているのですから、この2頭は勝ち馬トーセングランや4着ヴァンランディよりも評価してよい内容だったと思います。おそらく近いうちに2頭とも勝ち上がるでしょうし、4着ヴァンランディも相手関係が手薄なところであれば2勝クラスは勝てると思います。

スポンサーリンク

中山12R ゲバラ 1着


1年ぶりながら5馬身差圧勝を決めたチェゲバラ。なかなか圧巻のパフォーマンスでした。
スタートではいつも通り出遅れて最後方からになりましたが道中するすると上がっていくと3コーナーでは先頭に立ち、そのままロングスパートをかけて 11.6 – 11.1 – 11.5 というラップで勝ち切り。

もともと休養前の共同通信杯ではアドマイヤマーズと同じ上がり33.5を使っての0.8差(ダノンキングリーとは1.0差)ですから、能力自体はオープン級あるのかもしれません。今回デムーロに乗り替わっていて能力がフルに出せるようになっているのであれば今後2勝クラス、3勝クラスくらいまでの連勝もあり得そうです。出遅れ解消すればオープンでも。

スポンサーリンク

阪神6R アリーガル 6着


前走もそうでしたが、今回もやはり幼さの見えるレースぶりでした。スタートでも少し出遅れ、道中きょろきょろしていたり集中できていないようでした。馬具などによる改善も必要かもしれませんが、距離に関しても最後一杯のようだったので1600あたりのほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

阪神7R リアンフィーユ 9着


正直なんでこんなに負けたかわからないといった感想です。直線に向くまではかなり順調にレースを進めているように見えますし、大してラップがきついわけでもない。リアンフィーユであれば36秒台後半の末脚がつかえてもよさそうな感じに見えますし、37.3で上がってくれれば1着まで差し切っていたのですが。

うーん吉田隼人のいうことはききたくなかったのでしょうか?
別に騎乗内容が悪かったようには思っていませんが乙女心??

レース回顧
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました