4/18(土)4/19(日)の振り返り~ダート未勝利の男!~

スポンサーリンク
ごんぬ
ごんぬ

どうもごんぬです!

中山・阪神開催も最終週。
この週末は記録的な大雨などもあって馬場の変化に対応しながらの難しい馬券購入を強いられましたね。

そんな中でも土曜中山1Rのクリノテルチャンや日曜中山3Rのジッピーレーサーがともに3番人気1着と頑張ってくれたので、単複ともに回収率はそこそこ収まりました。

この辺りの中穴層をピック出来ると楽ですね。

さあそれではいつものとおりレース回顧をやっていきたいと思います。

スポンサーリンク

4/18(土)中山2R/ ダ1200m (右)

注目馬のラファエルが7番人気2着、同じく注目馬のグランドストロークが4番人気3着と活躍。しかし本命視していたゴールデンエポックが6着と沈んでしまったため馬券的には全くおいしくない結果に。。。どちらも重馬場はニガテよりな血統だと思っていたのでここで評価を下げてしまったのはもったいなかったですね。

ただ今回の結果はフロックではないと思いますので、次走も注目したいと思います。

スポンサーリンク

4/18(土)中山3R/ ダ1800m (右) 

ここは4着のジンフラッシュに注目。このレースの1~3着はいずれも4コーナーで1~3番手にいた馬で、前残りの決着でした。ラスト4Fラップも 13.0 – 12.7 – 12.7 – 12.7といった感じ。その中でジンフラッシュは内目の5~6番手から直線外に出して差す競馬を仕掛けましたが、ちょうどその進路に前のジイチュダケテソーロが入ってきたのでさらに外に膨れることになってしまいました。この分のロスがあっても上がり最速で、前をとらえきれずの4着でしたので内容的には一番強かったと思います。

今回は不良馬場でしたので次走も上手くいくかわかりませんが、エイシンフラッシュ産駒はそれほど湿ったダートが得意というわけでもないので注目してみようと思います。

スポンサーリンク

4/18(土)阪神1R/ ダ1400m (右) 

このレースからは注目馬のビハインドザサン。1番人気を背負っての出走でしたが9着と大きく敗れてしまいました。

敗因としてまず考えられるのが2ラップ目が10.5となるハイペースになってしまったこと。このレースでは逃げを主張する馬が5頭出てしまい、2着バトーデュシエル以外はすべて着外に沈んでいます。今回距離短縮で挑んだビハインドザサンにとっても苦しいスピードだったと思います。

ただいきっぷりの良さや芝スタートは苦にしていなかったのは収穫で、次走同じ1400mに使ってきたら再度狙う価値は十分にあると思います。

また同じく先行してビハインドザサンに先着しているダノンボヌールも注目したいと思います。

スポンサーリンク

4/18(土)阪神2R/ ダ1800m (右)

このレースは非常に惜しくて悔しい・・・

◎リアルシング 6番人気4着
〇メイショウバンカン 12番人気2着
▲メイショウホルス 5番人気着外
△キャルブルー 2番人気1着

リアルシングが3着まで来ていたら大フィーバーでしたね。やっぱりまだそこまで認知されていないですが雨のリアルインパクトは買いです。

メイショウホルスに関しては距離も長かったのかもしれません。このレースも前が総崩れの展開で、かなり前半飛ばしていましたのでまだ見限るには早計。次はダートの良馬場でやらせてあげたいですね。

スポンサーリンク

4/18(土)阪神3R/ ダ1200m (右) 

伝説のカニ歩き走法サイモンハロルドが勝ったレース。今回良かったのは内ラチを頼りに走ることができたということ。カニ歩きをした時の新潟のレースでは思いっきり右側に逸走したため、今回は右にラチがずっとあったことで安心して走らせることができたようです。
それでも直線ではやはり鞍上はかなり気を使っていたようで、まったくムチを使いませんでした。ラストに軽く1発だけかな?
そこから考えてもやはり能力的にはかなり高いものを持っているのは間違いなさそうです。好走条件は限られていますが、今後も要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました