2/22(土)の振り返りと次走おススメの馬

スポンサーリンク
ごんぬ
ごんぬ

どうも、ごんぬです!

今週の土日はそこそこに好調でした!

土曜日は小倉4Rシャチ(5番人気910円)小倉7Rラシェーラ(4番人気910円)などが勝利し、単勝回収率は185%という素晴らしい結果でした。

また日曜日は午前中不調だったものの、京都6Rフィオリキアリ(6番人気1910円)の勝利が的中し、一気に挽回して土日のトータルでも単勝回収率160%という結果でした。


これで2月を通しての回収率も
単勝回収率 117.3%
複勝回収率 110.5%
となり、どちらもプラス計上です。

応援してくださっている皆様、本当にいつもありがとうございます!


3月もプラスで終われるよう、気を引き締めて頑張ります!

スポンサーリンク

東京7R カーリングストーン 13着


これまで東京で(1-1-1-0)と堅実な走りを見せていただけに、いきなりここまで負けるとは大誤算。スタートでつまづいてしまった影響があったのかもしれません。
前走とペースがさほど変わりないのに上りが1.7も遅くなってしまっているので、ちょっとこれで見限るのもどうかと思いますので、引き続き追ってみようと思います。

スポンサーリンク

東京8R フローズンスタイル 6着


7頭立てという少頭数のレースながら、道中のラップが12.2以下に緩まないというかなり熾烈なレースになってしまいました。当然前に行った馬から潰れ、3番手だったフローズンスタイルも直線では脚がなくなり6着でした。フローズンスタイルが勝った新馬戦では 12.6 – 12.8 – 13.0 と緩むラップが出現しており、ロングスパートタイプでもスタミナタイプでもなく、瞬発力で勝つタイプだということがわかりました。ちょっと今回はこの馬には向かない厳しい流れのレースだったというだけですので、次走以降も狙っていこうと思います。

またもう一頭注目馬のカンバラはやはりスタミナ戦が向いていたようです。大きく負けてくれることを期待しましたが逆にフローズンスタイルにも先着して5着でした。2番手追走で先行勢では最先着ですし、逃げたショウナンバレリオよりは上りも1.4も早いのでやっぱりスタミナは相当高いですね。

スポンサーリンク

東京12R クラヴィスオレア 11着


減量を活かしての思い切った逃げを期待したのですが、スタートで少し出負けしたところに外スズカアーティストから被されてほぼ負け。後方からの競馬になり、させる脚もなく見せ場もなく終了してしまいました。このクラスの1400だとテンの速度でも負けてしまう可能性が高いので、もしかしたら距離は1800くらいで、ローカル競馬場のほうが本領発揮できるかもしれません。次の福島あたりに巡業にいってくれたら狙ってみようと思います。

スポンサーリンク

京都5R タツハグンセイ 9着


こちらもスタートがちょっとだけ遅れたせいで消極的な騎乗になってしまいました。三津谷くんはごちゃごちゃ考えないで前に行ってくれればいいんですよ。レース全体もスローになってしまい、結果的に後方に控えていたタツハグンセイも末脚は伸ばしていましたが前とは詰まっていかず9着。稍重の馬場に関しては問題なかったと思います。とにかく騎手につきますね。ただ行ってくれれば良かった。それで負けても文句ないし、距離についての検討もできたのに今回はなんの収穫も得られなかった。

勝ったディヴィナシオンも注目馬でしたが、やっぱりダートに行ってくれてもいいような気がしますね。夏以降の1勝クラスならそちらのほうが突破できそう。

スポンサーリンク

京都6R クレパト 9着


直前まで本命も、雨が土砂降りになってしまったので一転して絶対買わない馬に手のひらクルーしてしまったクレパト。そして案の定まったく見せ場を作らずのブービー。今回改めてパトロールビデオみて感じたことですが、前肢の発達っぷりが異様に凄い。VTRでみても他馬の比較ででかさがわかる。なので馬場が湿ってしまったときにはこの前肢のパワーが逆にあだになってしまうのだと思います。ゴールドアリュール産駒とかの傾向のさらに突き詰めたバージョンのようです。

それにしてもクレパト、、、天気に恵まれないですね。これまでダート5戦して良馬場は唯一勝った未勝利戦の1回だけ。良馬場になれば一変してくるのはまず間違いないので気長に待ちます。

スポンサーリンク

京都12R エングローサー 13着


久しぶりにいい馬見つけた気分。エングローサーは今回13着と大敗してますが、加速していった4コーナーで勝ったクレスコブレイヴから外から被せられ、挟まれ急ブレーキをかけている不利がありました。これがなければ脚色自体はクレスコブレイヴと遜色なかったように見えましたので勝ち負けだったと思います。また前走2019年6月の清里特別も振り返ってみましたが、最後方から直線インをついて前が完全に壁と能力が出し切れてないレースでした。これで2戦連続2桁着順となって人気は落ちてくるでしょうが、もともとは現オープンのドリュウなどと遜色ない競馬をしていた馬ですのでちゃんとハマれば2勝クラスでは確実に上位。
がっつり狙っていこうと思います!!

レース回顧
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました