2/1~2のふりかえり~ダート未勝利の男!~

スポンサーリンク

どうもごんぬです!
1月もあっという間に終わり、2月の開催がスタートしました!
かなりのマイナスを背負った状態でスタートしてますがさてさて。

東京開催ということもあって今までともかなり傾向が違ってくると思います。
なんとか結果に繋げていきたいですね~!

ごんぬ
ごんぬ

単勝&複勝率をアップさせたい~!


スポンサーリンク

先週の結果

馬券の回収率は少しアップ!!

2/1(土)は散々な結果で(0-0-0-6)というまさかの全滅・・・
2/2(日)は少し取り戻して(1-3-0-2)2着連打・・・!


京都1R ケイアイドリー(2番人気)2着
京都2R コウユーユメヲノセ(4番人気)2着
東京3R クールマキシマム(3番人気)2着
など惜しい2着が多かった・・・!1着が欲しい~!


先週比では
馬券回収率 53.9%→66.5%(+12.5%
単勝回収率 58.0%→57.7%(-0.3%)
複勝回収率 62.9%→64.1%(+1.2%)

となっております!微妙~!
馬券回収率は東京1Rで紐で万馬券をゲットしたのでラッキーでした!
(予想の本命対抗が来ず、紐決着でしたが)

スポンサーリンク

2/1 東京1R 3歳未勝利10:10発走 / ダ1300m (左)


◎⑭コーラルティアラ 10着

まず思ったよりもペースは速くならなかった。そしてコーラルティアラは位置取りを外に取ったがコーナーで大きく膨らんでしまいロス。最後はじりじり追い上げたが0.4差届かずの10着。着順はかなり負けているがタイム差はそれほどない。対抗のマッチャパフェが3着に入った(複勝390円)

スポンサーリンク

2/1 東京3R 3歳未勝利11:10発走 / ダ1600m (左)


◎④ハットルヴァン 4着

過怠金が発生する案件に巻き込まれての4着。これは非常に悔しい。直線で前が空かずにいたハットルヴァンですが、一瞬ベルウッドヨウサンとクロッチの間が空いたところに入れようとしたところでベルウッドヨウサンに挟まれる形になり大きく後退。脚色は勝った対抗シゲルミカヅキと同等だったのでこの不利がなければ勝ち負け出来ていた。

ただ過怠金対象のベルウッドヨウサンも単穴指定だったので強くは言えない(笑)。去勢明けで-20kgだったが大きく変わり身を示した。

ごんぬ
ごんぬ

ハットルヴァンは今回5番人気だっただけに惜しい~!!

スポンサーリンク

2/1 京都1R 3歳未勝利10:00発走 / ダ1800m (右)

◎⑩マスカテル  5着
予想段階で、『休み明けで+22キロと大きく馬体を増やしてしまっていた部分が解消されれば逆転の目は十分あると思います。』 と記載しておりましたが、出馬してきた体重はさらに+4キロ。その点勝ったワイドレッジャドロや2着ショウナンアニメのほうが上積みはあったようでした。次走絞れてくればもう一度狙ってみても良いと思います。

スポンサーリンク

2/2 京都3R 3歳未勝利11:00発走 / ダ1400m (右)


◎③タマモパッション  8着

スムーズに好位につけて直線まで迎えることが出来ましたが、直線では前から離される一方でいいところがなく8着。追走がしんどくなる2ハロンの短縮が良くなかったのかもしれません。もう一度1800に戻してきたときに狙いたいと思います。

スポンサーリンク

2/1 小倉1R 3歳未勝利09:50発走 / ダ1000m (右)


注目馬 ▲⑩ヴィグラスカイザー  1着

サウスヴィグラス産駒が重馬場不得意ということを知らなかったら14万馬券をGETできていたであろうレース。ヴィグラスカイザーはこのレース唯一の注目馬で、テンのスピードの速さは前走をみて気になっていました。ただし父がサウスヴィグラスということで、今回の馬場は合わないだろう!ということにして切ってしまいました。その分を3着のスマートファルコン産駒のディヤーソウチャンに印を回してしまいました。もしヴィグラスカイザーからの流しにして、ディヤーソウチャンまで拾えてたらとおもうと・・・

びえーん顔
びえーん顔

くぅぅぅぅーー!!!
やっぱり重馬場適性も大事ですけど、基本能力も大事ですね!

あと気になった馬が7着だった①オカリナ。今回前走から一気の4ハロン短縮戦に臨んできましたが変わり身を示しました。スタートこそややもたつきましたが、直線では一度ディープシーブルーに激突してふっとばし、さらには前が壁になっていたので進路を急激にまげるなどハチャメチャな騎乗をしてましたが上がり最速の35.2。次もダート短距離を使ってきたら積極的に買っていこうと思います!

スポンサーリンク

2/1 小倉2R 3歳未勝利10:20発走 / ダ1700m (右)

◎⑩クリノヴィンセント  7着

先行力があだになってしまい、かなりハイペースで前が全滅してしまいました。前半1000mは1.00.6くらいで通過しており、道中 7.0 – 10.7 – 11.7 – 12.6 – 12.4 – 12.5 – 12.7 – 12.9 – 13.1 とかなりの前傾ラップ&息が入るところがないレース。むしろこれで7着に残したクリノヴィンセントはかなり評価を上げるべきだと思いますので次も狙います。

スポンサーリンク

2/2 東京2R 3歳未勝利10:40発走 / ダ2100m (左)


クラウンマハロ 5着

少し出遅れ気味のスタートから位置取りもうまくいかず最後方に。直線に入って大外からじりじりと足を伸ばして5着に食い込んだ。上りはダントツ目立っていたショウナンアクアに次いで2番目となる38.2で、この距離に対しての適性を示しました。鞍上は木幡育也くんですので、若干足を余していた印象もあります。もう少し前の競馬で、消耗戦で足が同じになるような展開になれば食い込んでくるかもしれません。

スポンサーリンク

2/2 東京3R 3歳未勝利11:10発走 / ダ1600m (左)


注目馬◎クールマキシマム 2着

かなり自信を持っていたクールマキシマムですが、アヴァニイにしてやられました。それでも抜群の手ごたえで抜け出すと3着とは1.1/4馬身差、4着にはさらに5馬身をつけていますので能力的には未勝利突破はできるレベル。距離に関してもやはりこれくらいがベスト。守備範囲は1300-1800かと。東京開催中にぜひもう一度1600に出走してほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました