5/9.5/10の振り返り~ダート未勝利の男!

スポンサーリンク
ごんぬ
ごんぬ

どうもごんぬです!!

この土日は複勝回収率が99.4%とまずまず馬券に絡んでくれました。
東京5/9(土)は注目馬のソランが4番人気1着で単勝880円とそこそこ美味しい結果。

やっぱりレース回顧が結びついての馬券は嬉しいですね!

また新潟でもフェールアシュバルが勝った1200m戦で6番人気のクサヒバリが3着と展開やコース形態からの予想がピタリハマりました!

どんどんこういう予想を出していけるように頑張ります!

それではいつものとおり、レース回顧を頑張ります!

スポンサーリンク

5/9(土)

東京1R 1600m

前半が早く、3Fが35.0。これによってどちらかというと1800m質のレースになってしまい、ジェロボームが後半脚を伸ばして勝利しました。本命のダイユウローズは一度は2番手まで浮上しましたが坂で完全に失速。どうやら1400mまでのほうが良いようです。次走もその距離であれば狙ってみようと思います。1600ならスローで展開有利も欲しい。1700や1800でも道中緩んだり、平坦コースであれば守備範囲。

東京2R 1300m

注目馬のソランが勝利。予想通り1200m質のレースになりましたが狭いところを割って良く勝ち切ってくれました。注目したいのは3着クーレクーで、スタートでバランスを崩して内ラチ側にヨレてしまい出遅れてしまいました。それでも3~4コーナーで外を回して上がり最速で追い込んでいるので次走も再度東京コースで見てみたいですね!

東京3R 1600m

ここも注目馬ジンフラッシュがいたのですが、これはちょっと見るに堪えない内容。内内で競馬を進めていたのですが直線向いてもうまく進路を確保出来ず、進行方向を何度も変えて結局ラスト200を切っても追い出すことができませんでした。力を出し切れた内容とは言いにくいので再度狙ってみたいです。

東京4R 1400m

本命マジカルマジカルは気性面の成長がみられました。外2枚目を回った分、2着デクスターに負けたと思います。次走うまみはないかもしれませんが、勝ち上がってきても良いころだと思います。

京都1R 1200m

◉なんていう印を初めて使ったバトーデュシエル。きっちり勝ち切ってくれました。誤算は2着のフルールドネージュ。兄弟実績もあるし、ヘニーヒューズの2戦目で馬体増と狙える要素はあっただけに抑えれなかったのは残念です。注目馬のダノンボヌールは行き脚つかず外目を回らされたのが敗因ですね。1400のほうがいいかもしれません。

京都2R 1800m

タイムも1.53.5と未勝利にしてはかなりの早いタイムが出ている通り、かなりのハイレベル戦。2着メイショウカズサ、3着テイエムゴールデンは次どこを使ってきても馬券内に絡んでくるレベルだと思います。また4着シンゼンデレヤも向こう正面からまくっていってまくり切れずという苦しいながれで4着に残しているので内容は強い内容だと思います。また後方から差してきた5着キングダムウィナーも今回は相手と展開が悪かったと思います。少し湿った馬場で差しが決まるようなレースならば突き抜けることもあると思います。

新潟2R 1800m

あまり緩まない流れのレースを番手につけてぶっちぎったナムラタイガーが強かった。2着3着に差し勢が食い込んでますが、これはナムラタイガーが前を掃除しきった恩恵なのであまり高く評価したくないですね。

新潟3R 1200m

フェールアシュバルの団野騎手は完全にわかっている競馬。クサヒバリの原騎手はもったいなかったですね。正直スタートもう少し出してハナを叩いていたら抑えきれていたかもしれません。ヤサカパフィーは完全に内に詰まっていたので次走は見直し必要です。あとリバーランドもスタートでやや出負けして内に刺さってコーナー入るまでに競馬を終えてしまったので、次走はできれば1400か中外目の枠のほうがいいですね。

新潟5R 1200m

ここでまさかの注目馬グランドストロークがヴェーラを負かす結果に。勝因は完全にハイペース。入りの2ハロン目が10.5で前半3Fが34.0というかなりのハイペースで前3頭が逃げ、グランドストロークは内でポツンと4番手追走し、直線前が下がってきたところをごっつあんゴールでした。ただそれにしても再度差し返したヴェーラはやはり強い。

スポンサーリンク

5/10(日)

東京1R 1400m

また◉を打ったディアコニアは強かった。さすがにトリッチトラッチやナーラックを初戦で負かしてレーン騎手に乗り替わりはずるいの一言。

東京2R 1600m

横山典騎手騎乗のストラテジーマップが目の覚めるような追い込み一閃。上り35.6で一気に差し切りました。ほんとこういう騎乗させると右に出る騎手いないですね。次走も注目です。

京都1R 1800m

前半が12.3 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.9と13秒を切るペースが続くやや早いペースで、逃げて2着に残したアルヴェントは変わり身を示したかなと。あとは特筆すべきところのないレース。

京都2R 1400m

クリノヴィンセントは最内を活かしてハナをとる優位なレース運びが出来ましたが、やはり距離短縮の分スピードにやや対応できなかった感があります。最後垂れてしまいました。次も1400なら対応できてくると思います。
またプレシャスガールは1200までかと。直線すぐいっぱいになってました。スパイツタウン産駒は1000-1400がぎりぎりですね。

京都3R 1900m

1着ニホンピロストームと2着オンザフェーヴルが抜けて強かったレース。まくったニホンピロストームをマークしていたオンザフェーヴルがその外からさらにマクリを入れいましたがまだニホンピロストームのほうに余力があったため直線では差をつけられてしました。ただオンザフェーヴルも次はどこでも馬券内な馬だと思います。

新潟1R 1800m

特筆すべき点はありません。低レベル戦だったと思います。
フルールエトワールは今回案外でしたね。ゴールドシップ産駒のダート良馬場成績は芝に比べ相当劣るのでそういうところなのかもしれません。
芝重>>>>芝良≧ダート重≧ダート良くらいのイメージ。
ゴルシはとにかく芝重で買いたい

新潟2R 1200m

3着スナークダヴィンチは着差以上に強い内容。というか見直しが必要な内容。
スタート後に右手前で走っているため外側に進行し、他馬とぶつかっています。結果挟まれて後方になり、直線では内をすくって一伸びしましたが最後は差し返されての3着。右回りの競馬場のほうがよさそうだという感想ですが、次また右回りになったら混乱しそう・・・要注意。

新潟3R 1800m

マイネルイリャルギはこのコースだとやはり少し粘り足りなかったですね。新潟1800だとチョイ差しよりな先行馬のほうがいいですね。来週以降は補正かけていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました