2/25(日)の競馬予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ごんぬです。
主にレース回顧とピッチカウント(歩数と歩幅)で競馬予想してます。

レース回顧は2023年末をもって辞めましたので、しばらくは過去の財産で戦っています。

※推奨レベルの説明
★★★・・・・準推奨レベル。狙いは立つ。
★★・・・・・推奨には至らないが、オッズ次第で。
★・・・・・・チェック馬ですが、今回はスルー予定。

またリアルタイムで競馬参戦しているときは私が主宰しているDiscordの『競馬サークル馬なり』で情報を発信しています。ご興味ある方はこちらのリンクからご自由にご参加ください。

Discord - A New Way to Chat with Friends & Communities
Discord is the easiest way to communicate over voice, video, and text. Chat, hang out, and stay close with your friends and communities.

なお毎週1万円で勝負していた有料推奨ですが、1/27(土)で外れてしまったので連勝は3でストップしました。

現在70,000→111,600と馬券回収率は159%です。

スポンサーリンク

チェック馬

中山1R ③リンクスクードボル ★★★
前走が時計かかる馬場ながら前受けして2着。この時7馬身差つけた3着ラムゼイテソーロが次走楽勝しており、上位はレベルが高かった。この馬も未勝利は勝ち上がれる力はある。

中山2R ⑫ヴァンセゾニエ ★★
前走は直線で外の馬が気になったのか、まったくまっすぐ走れていなかった。力をだしきれていれば芝でも勝てそう。今回ダートに変えてきて相手関係も弱化しており十分チャンスある。

中山5R ⑩アムンラー ★
ダートよりは芝のほうが適性高そう。ただ人気して買うほどではない。

阪神4R ⑫エルミラージュ ★★
前走は超スロー瞬発戦を大出遅れしており全く力を出せていない。今回去勢してどれくらい変わってきているかにもよるが、能力は高い。開幕週なので、出遅れずポジション取れれば。

小倉2R ⑭パシフィックハイ ★★★
ピッチタイプで今回やっとコーナー4回のピッチ有利コースがわり。ポジションも取れるし、開幕最終週の小倉で結局イン有利に戻りつつある馬場もプラス。できれば内枠が欲しかったし、内枠だったら本推奨レースだった。

小倉3R ③ジューンアース ★★★
今週で引退の秋山騎手のお祝いはここか。ピッチタイプで初速速く、小倉1000mにも対応できる。他に強い先行馬も不在で、力が1枚抜けている。そして初戦から主戦の今村騎手→秋山騎手にする理由は何もない。

小倉6R ⑥ゴールドジャンパー ★★★
    ①アンコーナ ★★

ここはチェック馬2頭。ゴールドジャンパーはストライド先行馬でこのメンバーに入ると安定して力上位か。アンコーナは初戦がかなりきついペースを逃げ、直線内ラチに衝突しようとしての4着と能力高い。前走は出遅れから無茶なマクリで参考外。

小倉12R ⑥イッツオンリーユー ★★★
2走前は鼻出血で参考外。前走は久しぶりを使われて僅差3着。能力的には十分1勝クラス勝てるし、滞在連闘で相手関係も下がって今回も十分勝負になる。

スポンサーリンク

中山11R 中山記念15:45発走 / 芝1800m (右 A)

まずこのレースですが開幕週の中山1800mで行われるレース。
スタート後の直線が短く、ラストの直線も短く、コーナーは4回とあからさまに内枠先行ピッチに有利なコースとなっています。近いコースでは阪神2000m内回りがそれですね。コーナリングの器用さとピッチを上げれる瞬発性能が問われます。

過去にはウインブライトが連覇したり、その間にラッキーライラックが2連続2着したりと専門性の高いコースといえます。

今年は4枠から外にかなり先行勢が揃い、スタート後のペースアップは過熱しそう。
ドーブネ、マテンロウスカイ、エルトンバローズあたりは出していきますし、外からテーオーシリウスも被せてきそう。まずスローになることはなさそう。

開催初週なので基本的には前が有利なのですが、ある程度ペースが流れるためちょい差しくらいの位置なら届いても良い。あからさまな後方勢や外ブン回しは厳しいか。

◎ ④ジオグリフ
〇 ②ソーヴァリアント
▲ ⑤ヒシイグアス
△ ③⑥

本命はジオグリフです。
近走はダートを使われてトップレベルには跳ね返されている現状。芝では宝塚記念9着、天皇賞秋9着、ダービー7着とこちらもトップレベルには一枚及んでいない。しかしこの馬の持ち味は立ち回りの器用さで、中山2000mの皐月賞ではイクイノックスとドウデュースに先着して優勝。この時はイクイノックスとドウデュースに不利があり、この馬に恵まれたのはありますがそれでもハマればそれくらいの相手にも勝てるのは事実。

今回も内目の枠からインポケしてラチ沿い2頭目くらいを確保できそうな絶好枠。ここで勝ち切れなければもう出番は来ないかも、くらいの好条件ではあるので狙ってみたいと思います。

相手にはソーヴァリアントとヒシイグアスが筆頭。
正直この2頭、というよりもジオグリフを含んで3頭はあまり差をつけたい感じではありません。どちらもピッチでイン差し可能な枠と馬。鞍上替わりも含めて並列なイメージなので3頭ボックスで連ワイドでいいかもと思っています。

ソールオリエンスはとにかくスタートが課題。物理的に無理そうな位置まで下げている気がするので相手まで。

スポンサーリンク

阪神11R 阪急杯15:35発走 / 芝1400m (右 A)

こちらの重賞も開幕週の内回りコースとあって基本的には内枠先行ピッチに有利なコース。

ただこちらはスタート後の直線がまずまず長いので、枠による有利不利もあまりなく、初角への入り方がポイントになりそう。

今回は連勝中のアサカラキングが外にいて、迷わず出ていくことになりそう。張り合うとしてもメイショウチタンくらいですが、最近は以前に比べぶっ飛ばしていくイメージもないので控える可能性も高そう。そうなるとアサカラキングの単騎逃げになるのかも。

◎ ⑯アサカラキング
〇 ⑨サトノレーヴ
▲ ①ウインマーベル
△ ⑤⑧

本命はそのままアサカラキングにします。
かなりピッチが効くタイプで初速速く、外枠とはいえ主張できそうですし、開幕週の内回りコースはベストといえる舞台で逆らいにくいと判断しました。強い勝ち方を続けているので過剰人気しそうなのが懸念です。

相手にはサトノレーヴ。こちらも5戦4勝とまだ底を見せていない。かなりピッチが上がるタイプで、ハイペースになると苦しいかもしれませんがアサカラキングが取りきって息が入る流れになれば1400mでも通用してよさそう。

次にウインマーベル。前走同コースでG1級相手に勝ち切っており、特に説明は不要か。しいて言うなら大目標は高松宮記念なはずで賞金も足りており、ここで100%仕上げではなさそうですし、別定で1キロ重いのも少しだけ割引要素。

有料記事競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想
タイトルとURLをコピーしました