平成の名レースシリーズその1『漆黒のシャドウローラー』

スポンサーリンク

中央競馬史上5頭目の3冠馬ナリタブライアン。

1冠目の皐月賞はレースレコードで3馬身半差

2冠目のダービーは大外からぶっちぎって5馬身差の完勝

そして3冠目の菊花賞も7馬身差の大楽勝と走るたびに相手を千切り捨てた。

そのあまりの強さから『漆黒の怪物』と異名をとった。

年末の有馬記念でも上の世代を相手に3馬身差の完勝でこの年のG1を4連勝。

もはや国内には敵無しの存在になっていた。

しかし彼にとっての最大の敵は馬ではなかった。

年が明けると股関節炎を発症、怪我に苦しみ本来の能力を発揮できないまま天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念と3連敗を喫することになる。

結局この年はG1を一つも勝つことはできなかった。

もう怪物は終わってしまった

ほとんどの競馬ファンはそう思っていた。

さらに年が明け、ブライアンはG2阪神大賞典に駒を進めた。

続く春の天皇賞の前哨戦に位置付けられるレースだ。

このレースには1頭の強敵が出走していた。

マヤノトップガンだ。

同じブライアンズタイムを父に持つ馬で昨年の菊花賞を勝ち、有馬記念でもナリタブブライアンを破って優勝した現役最強馬とも称される馬。

すでに世代交代はなされたのか、そうではないのか?

『漆黒の怪物』は復活するのか、終わったのか?

マヤノトップガンが2.0倍の1番人気。

ナリタブライアンは2.1倍の2番人気。

ファンの張り裂けんばかりの気持ちを代弁するかのようなオッズだった。

10頭立てで行われたこのレースは残り1000mからのロングスパート戦に。

先に仕掛けたマヤノトップガンをナリタブライアンが追いかける。

最終コーナーを回るころにはすでに後続はついていけていない。

もうマヤノトップガンとナリタブライアンしかいない。

2頭の世界は永遠に続くかのように思われた。

鏡写しのような2頭。

直線のはじまりから終わりまで、2頭だけによるマッチレースが行われた。

一度は登り坂でマヤノトップガンがナリタブライアンを振り切ったかのようにも見えた。

しかしナリタブライアンはゴールの直前で再度食い下がった。

負けてなるものか

彼の意地が、彼の魂が見えたかのようだった。

漆黒の怪物は死んではいなかった。

万全ではない体で、彼は現役最強馬をねじ伏せた。

着差は僅かに『アタマ差』。

それでも3冠レースのどのレースより、彼の強さを感じさせるレースだった。

競馬に『たられば』はいらない。

彼が万全だったらもっとちぎって勝っていた?
彼が万全だったらもっとG1をたくさん勝っていた?

間違いないのは彼は確かに強かった。それだけだ。

未分類
スポンサーリンク
ごんぬをフォローする
スポンサーリンク
ごんぬの競馬予想
タイトルとURLをコピーしました