ダート未勝利の男!4/2(土)予想分

スポンサーリンク
ごんぬ
ごんぬ

どうもごんぬです!

先週は土曜日のニシノライトニング7番人気1着に加え日曜日には未勝利の推奨から阪神1Rでも◎ウィルフルネスが7番人気1着で単勝1830円をつけました。この結果によりダート未勝利の推奨馬回収率も121.1%までV字回復。今シーズン推奨82R目にしてようやく例年水準に戻すことができてほっとしております。

この結果に胡坐をかかず、さらに積み上げていけるように頑張ります!

スポンサーリンク

まえがき

予想は本命◎1頭+相手1~3頭くらいを基本としています。
買い目に関しては単勝+馬連ワイドが基本形です。
3連系の馬券はほとんど推奨することはありません。

少点数で狙うのであまり的中率は高くはありません。1日を通じて5R前後を予想することが多いのですが、ボウズで終わることもままあります。

推奨レベルは★の数で分けています。星の数が多いほどオッズ的な期待値が高いとおもって推奨しています。

★6・・・いわゆる設定⑥。ほとんどないのようなもの。
★5・・・週に1回あるかな?くらいの好期待度。★4の倍レートくらい買う。
★4・・・一般推奨枠。ダート未勝利だと2020年~2021年単勝回収率130%程度をマーク。
★3・・・推奨には至らないが、おまけレベル。
★2・・・チェックした馬やめぼしい馬がいないレース。
★1・・・かなり予想が困難でスルーしたいレース。

スポンサーリンク

中山1R 3歳未勝利10:05発走 / ダ1800m (右)

推奨 ★★★★
◎ ⑨ネネ
〇 ⑯ココリヴィクトリア
▲ ⑭キタノズーナクア
△ ⑮バイロイト、⑥ニシノスピカ

本命はネネ。芝でのチェック馬ですが今回はダート替わり。ウッドも馬なりで52.1(11.8)と素軽く、母系にアグネスデジタルもあってダートをこなす可能性はある。前走は新人騎手騎乗でコーナー曲がり切れず外に逸走。直線も外々に流れていました。2走前も進路詰まっての3着と惜しい内容で芝でも勝ち切れてよいレベル。今回ダート既走組にそれほど強そうな馬はおらず初ダート組にも十分チャンスはあると思います。

相手はドゥラメンテ産駒の大型馬で大外枠を引いたココリヴィクトリア。2週前坂路で54.6(12.5)を加速ラップで刻んでおり状態は立て直せているはず。オッズ見てこちらから買う馬券も追加してもよさそう。

スポンサーリンク

中山2R 3歳未勝利10:35発走 / ダ1200m (右)

推奨 ★★★★
◎ ⑤クラウンシューター
〇 ⑩キリシマタウン
▲ ⑯ゲンショウ
△ ⑭ピースオンアース

本命はクラウンシューター。前走は直線イン詰まっての0.7差9着。なければ3着くらいまではあった脚色で、このレースからは2着、4着馬が勝ち上がり済み。レベル的にはここも高くはなく十分足りそう。出足ではキリシマタウンに分がありそうですが2列目インを取れれば最後捕まえることは可能だと考えます。

相手にはおそらくハナを切っていくキリシマタウン。これまでも自分の形で競馬は出来ているが1歩足らずの3連続4着。ここはテンが早い馬が他にいないので自分のペースでレースを作れそう。

単穴としてゲンショウ。今回初出走ですが大外枠に恵まれたため砂被りの懸念が減りました。また兄ベルダーイメルはダートのOPEN馬ですし、こちらも2週前坂路で50.6という破格の時計を出しておりいきなり走ってくる可能性はある。

スポンサーリンク

中山3R 3歳未勝利11:05発走 / ダ1800m (右)

推奨 ★★★
◎ ⑤トップスティール
〇 ⑩エコログロリアス
▲ ①メルト

本命はトップスティール。2走前はスタート後に砂を被ってロデオ状態の荒くれ、内ラチにぶつかってよろけたりと気性的に課題のあるところがみられました。今回からブリンカーを着用して出てくるとのことで、集中力が上がって先手を取れれば一気に変わってくる可能性もありそう。穴狙いで。

相手にはロードカナロア産駒のダート替わりエコログロリアスを。ウッドで51.4という時計あり水準なみの走力はありそう。

単穴位置にメルト。馬の能力はここでも最上位なのですが鞍上が不安すぎる。前走ももうすこしうまく乗れれば逃げ切れたように思う。ここでも本命視するのは不安。

スポンサーリンク

中山4R 3歳未勝利11:35発走 / ダ1200m (右)

推奨 ★★
◎ ⑤ミニョンルミエール
〇 ⑫チャオベッラ
▲ ⑦カンザシ

本命はミニョンルミエール。ダート1200mを使われ4戦で(0-3-1-0)と堅実。持ちタイム的にもここでも当然好走は可能。可能な限り前目ポジションは欲しいところ。

相手にはチャオベッラ。前走初ダートでミンナノユメミノルから0.7差4着と健闘。外目偶数枠ですし、芝スタート活かして先手を取れればチャンスはある。

カンザシは決め手は魅力的だが出遅れて巻き返せなくなる可能性もあり過度の期待はしたくない。

スポンサーリンク

中山6R 3歳未勝利12:55発走 / ダ1800m (右)

推奨 ★★
◎ ⑮エクセレントマン
〇 ⑩ホウオウバリスタ
▲ ⑫セイウンガレオン
△ ⑪レオプレシード、②ペイシャガルボ

本命はエクセレントマン。ここも既走組にあまり信頼がおけないメンバー構成。エクセレントマンは芝の2000mからの初ダート。坂路では53.4(12.2)と軽快な動きができているだけにもう少し走ってきてもよさそう。

相手ホウオウバリスタも初ダート。母系サンダーガルチと米国ダート血統。前走逃げて大敗のレオプレシードも人気落ちするようなら再度狙ってみたいところ。

スポンサーリンク

阪神1R 3歳未勝利09:50発走 / ダ1400m (右)

推奨 ★★
◎ ⑬ラクスパラディー
〇 ⑤ペイシャイシュタル
▲ ⑫エストレアブランカ
△ ⑩ジーアネモネ、⑯グリーンシアター

本命はラクスパラディー。前走は直線捌きにまごついている間に勝ち馬に抜け出されてしまっての2着。能力は抜けて高かった。今回は外枠のスタートですし、差しの届きやすい舞台ですので巻き返しは効く。

相手にはペイシャイシュタル。3連続2着があるようにこのコース相性も良く鞍上も戻ってリベンジしたいところ。上位2頭は抜けて強い印象も3着以下はかなり混戦。馬場バイアスから外枠から狙ってみたい。

スポンサーリンク

阪神2R 3歳未勝利10:20発走 / ダ1800m (右)

推奨 ★★
◎ ⑧ロードマゼラン
〇 ③ヴォルゴグラード 
▲ ⑩ウインアラジン

本命はロードマゼラン。ダートに転向して2連続2着、鞍上も川田騎手とスキはない。2走前は3着に大差、前走は4着に5馬身差、ともに勝ち馬とは0.0差と僅差の競馬で力が抜けているように思える。

相手にはヴォルゴグラード。こちらも前走は不利な中京1800mの外枠スタートながら3着。時計的にも水準レベル。ロードマゼラン以外には負けられないところ。

スポンサーリンク

阪神3R 3歳未勝利10:50発走 / ダ1200m (右)

推奨 ★★★★
◎ ⑯マスタープラン
〇 ④スリードレフォン
▲ ⑭バトルシャイニング
△ ⑫テイエムヒマラヤ、⑨ブルーノート

本命はマスタープラン。前走も同条件で本命にしましたが、外目から先行してバテての8着と見せばなし。一気の距離短縮も響いたのかもしれません。今回同じ条件で再度前々から競馬をすると思いますが慣れがあり、3走前程度走れれば足りてきてもよいと思います。人気落ちするなら狙いたい。

相手少し難しいですがスリードレフォンの前走ファーンヒル戦からは2着、5着馬が勝ち上がり済みでレベル高め。まだダートは1戦ですし休んで上積みあれば。バトルシャイニングはリオンディーズ産駒の初ダート&距離短縮と歓迎条件。

スポンサーリンク

阪神10R ラジオ関西賞仲春特別 15:00発走 / 芝1200m (右)

推奨 ★★★★
◎ ⑪ゲンパチミーティア
〇 ⑬ディヴィナシオン
▲ ⑭メイショウドウドウ
△ ⑥ラヴケリー

本命はゲンパチミーティア。昨春にはフロラールウォーク賞を勝って重賞ニュージーランドTを使われた素質馬。その後距離延長したりダート使ったり古川ちゃんのおもちゃになったりと迷走してました。今回はデビュー戦以来の芝1200m戦。デビュー戦ではテンの速度が速いランスオブミューズらを相手にハナを切って逃げており速度は十分。今回吉田隼人騎手に替わって矢作厩舎と意図を感じる。ここは逃げを打ってくる可能性もありそうで個人的には待っていた条件替わり。ピンパーになると思いますが、競っていく馬も見当たらないので頭まで欲しい。

相手筆頭にはディヴィナシオン。前走で川田騎手に替わってまさかの好位からの競馬を実行。末脚一辺倒の馬ではなくなったのは非常に怖く、今回も継続川田騎手と勝負気配。決め手という点では同じヴィクトワールピサ産駒のメイショウドウドウも劣らない。

スポンサーリンク

阪神11R コーラルステークス 15:35発走 / ダ1400m (右)

推奨 おまけの穴狙い
◎ ⑫ロッシュローブ
〇 ②リアンヴェリテ
▲ ⑯ヴィジュネル
△ ③オーロラテソーロ
  ⑧バティスティーニ
  ⑨ミスズグランドオー

まず馬柱を見て思ったのが先行勢がほとんどおらずダンゴ状態で直線を迎えそう。先手を取るのはおそらくリアンヴェリテが内から強く出してそれを外の馬たちが見る感じで隊列は早めに決まりそう。ヴィジュネルが初ダートで芝スタート大外枠を引いたのはかなり怖い存在。

で本命はロッシュローブです。最近は1600-1800を連続して使われていますが1400mは(1-0-0-0)の実績。今回外目偶数枠からリアンヴェリテの番手を取れる形になれば面白そうですし、54キロというハンデも大きい。

相手にはリアンヴェリテ。近走3走は逃げて2桁着順の大敗も4走前は昨年のこのレースで逃げ切り勝ち。斤量は0.5キロ加増されますが展開は向くはずですし、内枠になったのは歓迎できませんがテン争いが激しくならなそうなのはこの馬に向く。ピンパータイプですが今回はピンになるかも。

展開予想通り前々で決着するとオッズもかなり跳ねそうですし、ハンデ戦での荒れ馬券に期待。

スポンサーリンク

その他のチェック馬

中山5R ⑤オメガオリーブ ▲
前走からの距離延長は歓迎。多少時計がかかる馬場もゴールドシップ産駒なので向くはず。

中山7R ⑥ニシノメグルス 消
上り坂苦手っぽいのでここでは見。距離短縮はよさそう。

中山8R ②ランドアーティスト 消
左回り巧者。右回りでは見したい。

中山9R ④タイセイスラッガー ◎
このクラスでは力上位。相手には⑭レオカクテルをケアしたい。他は⑬⑫か。

中山12R ③タイキザモーメント ▲
差し有利に展開向けば再度チャンスはあるが、今回は先行有利になりそう。
本命は前走ハイペース逃げ残りの⑬フレーズメーカー。相手に⑪トーセンニック。

阪神6R ⑤メイショウホシアイ ◎
3走前は進路の差での勝ち負け。2走前はダートで度外視。ここも勝ち負け。
相手は③④⑨あたりを。

阪神9R ⑧キャルレイ 消
右回りだと内にささりまくるので左回り向きかも。

阪神12R ①メイショウヨシテル △
決め手あるタイプで阪神1800mコースは向いているが、今回ペースはそれほど上がらなそうで同型も多く、内に包まれて捌きに苦労しそう。先手取れるタガノウィリアムあたりから入りたいところ。

タイトルとURLをコピーしました